SM・痴漢 ・レイプのリンク集


✝️ マタイによる福音書 第八章 二十八〜三十四

それから、向こう岸、ガダラ人の地に着かれると、悪霊につかれたふたりの者が、墓場から出てきてイエスに出会った。彼らは手に負えない乱暴者で、だれもその辺の道を通ることができないほどであった。 すると突然、彼らは叫んで言った、「神の子よ、あなたはわたしどもとなんの係わりがあるのです。まだその時ではないのに、ここにきて、わたしどもを苦しめるのですか」。 さて、そこからはるか離れた所に、おびただしい豚の群れが飼ってあった。 悪霊どもはイエスに願って言った、「もしわたしどもを追い出されるのなら、あの豚の群れの中につかわして下さい」。 そこで、イエスが「行け」と言われると、彼らは出て行って、豚の中へはいり込んだ。すると、その群れ全体が、がけから海へなだれを打って駆け下り、水の中で死んでしまった。 飼う者たちは逃げて町に行き、悪霊につかれた者たちのことなど、いっさいを知らせた。 すると、町中の者がイエスに会いに出てきた。そして、イエスに会うと、この地方から去ってくださるようにと頼んだ。



🎬シネマジック




🎬隷嬢寫眞館




🎬お仕置きネット





🌺 般若心経秘鍵(大綱序) 空海

哀れるかな、哀れるかな、長眠の子。

苦しいかな、痛ましいかな、狂酔の人。

痛狂は酔わざるを笑い、酷睡は覚者を嘲る。

かつての医王の薬を訪わずんば、いずれのときにか大日の光を見ん。










📖 ゆうぐれ 谷川俊太郎

ゆうがた うちへかえると

とぐちで おやじがしんでいた

めずらしいこともあるものだ とおもって

おやじをまたいで なかへはいると

だいどころで おふくろがしんでいた

ガスレンジのひが つけっぱなしだったから

ひをけして シチューのあじみをした

このちょうしでは あにきもしんでいるにちがいない

あんのじょうふろばで あにきはしんでいた

となりのこどもが うそなきをしている

そばやのバイクの ブレーキがきしむ

いつもとかわらぬ ゆうぐれである

あしたが なんのやくにもたたぬような















2021年5月28日最終更新