トップページ / ド定番よもやま話 / 盗撮、昔と今を考える

盗撮、昔と今を考える

現在の様にちょっとした盗撮でも大きなニュースになるのとは違い、昔は盗撮が横行していた。実際に80年代始めから90年代中頃、内容のほとんどを盗撮の写真で埋め尽くす雑誌が公然と売られていたのだ。

それら雑誌のフロンティアはおそらく1981年に創刊された「セクシーアクション」だったかと思う。ちなみにこの年に発行された単行本の「アクション・カメラ術、アクション・カメラ術PART2、アクション・カメラ術PART3」は大ベストセラーとなった。 そして2年後の1983年に「SEXY LOOK」が創刊され、平成に入ってからは1992年に「写真ボーイ」が創刊された。

同時に沢山のレーベルから盗撮モノのビデオテープやDVDも販売されており、今ならば引く方もいれば羨む方もいる程、昔の盗撮業界はすごかったと思う。
甲子園のチアガールの目の前で堂々と真下からアンスコを撮影したり、トイレなどの公共施設も昔は防犯カメラが今ほど多くなかったし、学校も警備などのセキュリティーも甘かったので盗撮は難しくなかったのだろう。

これら3誌の表紙はいずれもパレードのアンスコチラリか運動会のブルマーだが、内容は逆さ撮りや風呂場やトイレの盗撮で過激なものが多かった。同じ時期、児童ポルノも沢山の出版社から発行されており、これらは将来に二大禁止ポルノと化する盗撮と児童ポルノは合法であったのである。いわば昔は無修正ポルノのみが違法だったと言っても過言ではなかった。
さて、現在においてはちょっとした盗撮ですら新聞に載るご時世である。合法に安全に堂々と盗撮出来るのは被写体側が暗黙の了解をしているサンバのパレード、モーターショー等のレースクイーン、コミケ等のコスプレ撮影くらいであろう。現在販売されている投稿タイプの盗撮雑誌はゼロと言っても過言ではなく、実際にヤフオクでは写真ボーイの平均価格が1冊2,500円もの高値で取り引きされている。 不思議に思うひとつとして「ACT-NET」、「AUTO-NET」や「好き好き盗撮ビデオ君!」は令和の時代に入っても盗撮DVDを販売し続けていることだ。これらを巧妙なヤラセ盗撮だと言ってしまうと身もふたもないが、おそらく本物の盗撮映像だろう。 その他には1984年8月に創刊した「投稿写真」をはじめ、「スーパー写真塾(1984年創刊)」、「熱烈投稿(1985年創刊)」、「熱写ボーイ(1985年創刊)」、「台風クラブ(1989年創刊)」などがありました。これらの雑誌にも多かれ少なかれ盗撮の写真が掲載されていた様な気がします。私が定期購読していたのはスーパー写真塾でしたよ。ネットで検索すれば盗撮画像は沢山見れますが、手にとって見る雑誌が廃れたのには少し物足りないと言うか残念な気がする。